日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)って温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)が大好きと思います。のんびりとお湯に浸かって普段の疲労感を癒す場所。それが温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)だと思っていらっしゃる方は、結構多いのかもしれません。けれど、日本ではあまり馴染みがないのですが、実は温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)は「飲泉(飲泉許可がないところでは、衛生上のことを考えて飲まないようにした方がいいですね)」と表現しても飲む事も可能でしょう。ヨーロッパ諸国で「温泉療養」といえば、日本みたいに温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)に浸かって患部を癒すような療法ではなく、始めのうちは温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)を飲む事から始まるんです。知られている温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)地に至っては専門の研究員によっては治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が実施されていて、何処に行きも温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)が飲めるようになっているのです。温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)を飲む事により、消化器官から温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)成分を直接吸収できるからに、消化器官系の疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)や胃腸病、内臓関係の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)に効果を持つだと言われています。それに、温泉の熱や成分である刺激が原因となり、老廃物や毒素を体の外に排出させる効果もあるのです。当然、どの温泉でも飲める訳ではありませんから注意が必要となります。飲泉(飲泉許可がないところでは、衛生上のことを考えて飲まないようにした方がいいですね)設備の整った、飲んでも身体に害が無けれね証明されている温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)である事が大前提ですので、覚えておいてください。また、ただ漫然と温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)を飲むよりも、コップ1杯程度の量をゆっくりと10分〜20分ぐらいの時間を掛けて飲んだほうが効果的と言われています。温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)を飲む事によりすぐに体調が良くなる訳ではないでしょうが、せっかく質のよい温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)が揃っているといわれている日本です。これから、飲泉(泉質によっては飲むのに向かない温泉もあります)の習慣が日本でもひろがっていくと良いでしょうー